三日BOSE2016年06月

HP http://tanoshiib.web.fc2.com/ もよろしく

2016/05   123456789101112131415161718192021222324252627282930  2016/07

午後からMJを105番にして久々キャノピー乗って市内パトロール
寒かった
チャンバーうるさいなぁ、なんとかならんか、
ジャンクボックス行って適当なチャンバー値段聞いたら2K、
う~ん、ガッツリ凹んでるし溶接加工跡有るし 錆びて穴開いてるし・・・・いらんな、

アストロい寄って見ていたら代替フロンの200gサービス缶が安かったので思わず1缶、
奥様の軽のエアコンの効きが悪いとか言っていたのでとりあえず・・、

確かフロン12の250gサービス缶を一缶保管していたはずですが
今となっては・・・ 価値上がるかも(笑


アストロのレジでカタログもらった
立派な厚いカタログ ヒマな時見ますね(笑

この間TVのダイエット番組でやってたトランポリン
番組途中でネットで調べて買ってた物が届きました、

腰痛+通風気配 なワケで残念ながら飛べません(笑
(ちょっと飛んでみたけど)

CIMG1005.jpg


1606261.jpg

1606262.jpg

1606251.jpg




スポンサーサイト
新築時にDIYした単管ベースのなんちゃってウッドデッキ、
裏の家が敷地内に増築した為 あまり日当たりが良くなくなってしまったのでそのまま放置でしたが
さすがに17年経過で床板が朽ちてきたので踏み外してケガする前に補修となりました

畑も復活させたいので奥行き1/3を切り取りました
刺した単管を引き抜き 横管はグラインダーでカット、

すべての床板は深いひび割れが入っていて心配していましたが
意外と木材内部は大丈夫で一枚は完全に朽ちていましたがそのほかは以外にしっかりとしてました
(メンテは今までキシラデコール一回しか塗った事ありません)

大引は床板との接合面からの腐食が進んでいる箇所があったので廃棄
ラティスは切り取る際に重量がありすぎてバラけてしまったので 壊れなかった目隠し用の2段目の物を使います
少し高さが足りなくて段になってしまいますが ま、気にしなければ・・・、


今回 予算が無い事もあって
フェンスは再利用、床板は2枚の交換で何とかいけそうです



1605291.jpg

1605292.jpg

1605294.jpg

1605293.jpg








通勤で使うにはチト目立ち杉の為キャノピーのウイング取り外しました

これでノーマルに近くなるかな、と思ったが・・何か物足りない

せっかくステーを取り付ける所があるんだからやっぱ何かつけたい(笑

健康器具のスチールパイプを切ってロールバー(バイクにロールバーはないか)を作りました
シーシーバーって言ったほうがいいのかな、

当然現物あわせで切った貼ったです
純正色のレッドスプレーの残りがあったのでプラサフ吹いてからボディー同色、

真ん中に溶接跡が残っているのでウレタンを巻いてみた、

手で握るとこはウレタンじゃないけど取っ手ができて取り回しが楽になった(笑

1606181.jpg

1606182.jpg

今日は代休だったので午前中は娘②宅へ行って以前から頼まれていたスライド棚の取り付け
午後からジャンク耕運機いじり、
雨だから涼しくてちょうどイイネ

キャブは各スクリュー、Mジェットなどは外して清掃、エアで吹きました

外したキャブのフロート室の劣化したパッキンですが Hセンで適合するモノが見当たりません、
線径3ミリのヤツは有るのですがさすがに太すぎ、2ミリじゃないと入りません、

通販で買おうか、と調べました、色々規格が有るんですねOリング
単価は安いんですが送料高いんだよねぇ、

費用掛けたくないし時間ももったいないので たしか2ミリのバンコード有ったよなぁ、
繋ぎ合わせてとりあえず2本作ってみましたが
「ウレタンコード」です、ガソリンに耐えてくれるかどうかはわかりません、

ホムセンへ行ってギヤオイルを買ってきました 
当然一番安いヤツです

ドレンボルトはありません、調べたらギヤケースの下側カバーを外して抜くみたいなので前に倒して取り外し、
当然一気にドバーッ!っと出てくるので
下にしっかりオイル受けを設置しないと大惨事になります

エンジンオイルも交換しました
ドレンボルトのすぐ上に給油プラグが有り300cc位しか入りません

エンジンかけました
回転が下がりません

普通スロットルワイヤーは直接キャブに配線して上げたり下げたり回転の調整をするのですが
どうも この耕運機に関しては直接ではなく ガバナと呼ばれる遠心力を使った機構でキャブのスロットルを開け閉めしています

耕運作業中 負荷が掛かって回転が下がるとガバナの作用で回転を上げて
一定の回転を保とうとする装置らしいです

バイクなどの場合は坂道とかで回転が下がればスロットルを回せばいいわけですが
耕運機の場合 ひんぱんなスロットル操作ができない事からこんな装置が付いたのでしょうか、

自動車、バイクなどのエンジンしかいじった事がないので ちょっと理解するのに時間がかかります、

アイドリング回転を下げると今度はハンチングが始まりました、ガバナの調整で何とか抑えましたが
このガバナの調整は非常に繊細なんですが ウチの機だけかな、

実際耕してみたいのですが もうその時期はおわっているので試運転出来ません
秋の収穫終わってからだな(笑

1606121.jpg

1606137.jpg

1606133.jpg

1606131.jpg

1606132.jpg

1606134.jpg

1606135.jpg

1606136.jpg



一昨日オクで落としたジャンク管理機(耕運機)が早速届いた(早っ!)

ヤマト、佐川あたりはこの手の物はオイル、ガソリンが入っているので不可の場合があるみたいですが
さすが福山雅治は違う、

しかし、この販売店 ハンドルは折りたためるのになぜかそのままの状態だし、
タンクにはガソリンが1/4くらい入った状態だし、・・・スゴイな、転がったらガソリン出るぜ、

当初 電動耕運機新品が1万5千円くらいから買えるしメンテは楽だし、
耕地面積からいっても電動に気持ちは行きそうでしたが
やっぱ深堀はガソリンパワーが、あのエンジンの音じゃないとね、

狙っていたのは駆動にベルトを使っているタイプでしたが
(石の挟み込みロックなど高負荷時ベベルギヤなど保護に適した機構だし構造的に単純でトラブルは少ないと思うから)
オクでジャンク出品機が無く
すぐ使えるっていっても2万3万は出す気は有りませんからこのタイプにしました
ジャンクにしては少し高めの価格でしたが ま、しょうがないですね、

「エンジンかからず、リコイルスターターは引けます、エンジンに圧縮は有ります、」
のお品ですが 使うのは春先で一年に一回、

使ったらそのままガソリン入れっぱで保管、3.4年目にエンジンかからず、
デーラーに修理見積もり3万とか4万とか言われて修理断念、入れ替え、

ま、こんなパターンが多いんじゃないかと推測(笑

この機にかんしては

爪が結構磨耗してる事からかなり使ってたみたい
速攻キャブ外してばらしてみたらパッキンの類が全滅、固着、

4ストロークSV(サイドバルブ)エンジン 初めて見ました、
パッと見は2ストみたいですね カム、バルブがヘッド側に無いので2ストヘッドそのものです、
割ってみたいところですが 余計な事すると作業が増える可能性大なんで・・・、

劣化したOリング類は明日ホムセン探してサイズが無かったら月曜にでもクボタに行ってきます、

復活するかな?イヤッ動かないと困る!

1606111.jpg

1606112.jpg

1606113.jpg

1606114.jpg

帰宅後まだ明るいので
調子に乗って排気ポートを削りすぎたダメダメマロッシのシリンダーを交換しました


この時期 蚊の攻撃もそれほど無いのでいじりやすいです
今度は慎重に削ったシリンダーです(笑

ダメダメマロッシはまだ50Kも走ってないのでピストンはキレイ
ピストンピンはスルッと抜けました(当たり前だね)

一旦外したピストンですがピストントップには用意した新品と同じ刻印の「A」、
キレイだしもったいないから ま、いいか、とピストンは再度使用しました、
新品ピストンは焼きつき交換用にストックです

ピストンピンクリップはラジペンで広げて手前側再使用、
クリップちゃん 外れるなよ、大惨事になるからな、

試乗
ナラシをバイパスで30km 「前よりイイ」

1805283.jpg

1805284.jpg


 | Copyright © 三日BOSE All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド